福岡の茶道具・煎茶道具の買取 古美術天平堂

福岡県で茶道具・煎茶道具の買取致します

福岡県の茶道具・煎茶道具の買取に関するご相談を承っております。
三千家(表千家、裏千家、武者小路千家)の書付物や御好物を始めとし、
千家十職、古い茶道具まで幅広く買取致しております。
茶道具商として長年培ってきたキャリアと豊富な取引経験を活かし、
適正価格にて誠実な買取をさせて頂きます。

茶道具は不動産や株式と同様に大切な財産の一部でございますので、
お客様目線に立った現時点における最善のご提案を保証させて頂きます。
1点からでもお気軽にお申し付け下さいませ。
点数が多い場合には出張買取もさせて頂きます。
主な買取方法は下記の通りでございます。

プライバシーに関しましての秘密事項は厳守させて頂きます。
どのような些細な事でも結構でございますので、
先ずはお気軽にお電話・メール等でご連絡下さいませ。
お客様にご満足頂けます事を第一として、
最後まで誠心誠意、責任を持って承らせて頂きます。

〒802-0006
福岡の茶道具・煎茶道具の買取福岡県北九州市小倉北区魚町3-4-20
古美術 天平堂
今林 崇
フリーダイヤル 0120-41-5330
(営業時間外でも承っております)

090-8919-8963
メール info@tenpyodo.com

茶道具買取に対する当店のこだわりと思い

買取査定には必ず代表が伺わせて頂きます。
代表

お客様に分かり易く(専門用語を極力使用せず)、
しっかりと御品の説明をさせて頂きました上で買取査定をさせて頂きます。

店舗を構えてお得意様や一般のお客様への小売販売に力を入れておりますので、
精一杯の高価買取をお約束させて頂きます。

美術倶楽部を基準とした国内外の美術競売(オークション)に精通しておりますので、
広範囲の茶道具を適正に判断する事ができます。

専門分野以外の作品に関しては根拠のない買取査定は致しません。
しっかりと精査した後に最善のご提案を保証させて頂きます。

即日に現金でのお支払いをお約束致します。

相続や税務関係につきましてもご相談に応じさせて頂きます。

思い出のある御道具やお手放しづらい御道具はお申し付け頂けますと、
買取査定の対象から外す等の配慮をさせて頂きます。

ご換金の対象になりにくい不用品の引取にも出来る限り対応させて頂きます。

お使いにならなくなった茶道具、押入れに眠っている茶道具等、
必要としている方々の元へ橋渡しをして後世に守り伝えていく事が美術商の使命です。

私達はお客様に選んで頂く立場でございますので、
ご期待やご希望に添えられますよう精一杯精進させて頂きます。

福岡県の出張買取地域

朝倉市、朝倉郡東峰村、朝倉郡筑前町、飯塚市、糸島市、うきは市、久留米市、
大川市、大野城市、大牟田市、小郡市、遠賀郡芦屋町、遠賀郡岡垣町、
遠賀郡遠賀町、遠賀郡水巻町、春日市、糟屋郡宇美町、糟屋郡粕屋町、
糟屋郡篠栗町、糟屋郡志免町、糟屋郡新宮町、糟屋郡須恵町、糟屋郡久山町、
嘉麻市、嘉穂郡桂川町、飯塚市、北九州市小倉北区、北九州市小倉南区、
北九州市戸畑区、北九州市門司区、北九州市八幡西区、北九州市八幡東区、
北九州市若松区、鞍手郡鞍手町、鞍手郡小竹町、宮若市、古賀市、
田川郡福智町、田川郡赤村、田川郡糸田町、田川郡大任町、田川郡川崎町、
田川郡香春町、田川郡添田町、田川市、太宰府市、筑後市、筑紫郡那珂川町、
筑紫野市、築上郡上毛町、築上郡築上町、築上郡吉富町、中間市、直方市、
福岡市早良区、福岡市城南区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市博多区、
福岡市東区、福岡市南区、福津市、豊前市、三井郡大刀洗町、みやま市、
京都郡みやこ町、京都郡苅田町、宗像市、福津市、柳川市、八女市、
八女郡広川町、行橋市

【茶道具の買取品目】

茶掛 茶掛
茶席の掛軸は茶道具の中でも最も尊ばれ、
揮毫した人物や内容に敬意を払って客が唯一頭を下げる茶道具です。
茶掛けの種類には墨蹟、懐紙、消息、画賛、短冊、色紙、絵画等があり、
表装・仕立てによっても評価は異なってきます。
一行書に揮毫される禅語にはその背後に深い禅旨を込めたものが多い事から、
表面の意味を理解するに留めず、背後の意味を理解するように心掛けるべきです。
茶入 茶入
茶入とは濃茶を入れる陶磁器の茶道具です。
付属品となる牙蓋、仕覆、挽家、箱、添幅、添状等も大きな役割を持ち、
箱書も茶入の伝来と共に重要視されています。
室町から桃山時代には現実の所領に替えて茶入を軍功の恩賞に与えるという慣例が生まれ、
大名間の政治的外交も果たしました。
大名であれば名の通った名物茶入を所有する事が不可欠となり、
宝物帳の筆頭にも茶入が記載されるようになりました。
薄茶器 薄茶器
薄茶器(薄器)とは薄茶を入れる茶道具です。
棗、中次、金輪寺、頭切、茶桶、阿古陀、鮟鱇等と様々にありますが、
「棗」が薄茶器の総称として用いられる場合も多いです。
桃山時代の頃までは現在のように濃茶や薄茶という区別が明確でなく、
木製の茶器も濃茶を点てる為に使用されていました。
茶杓 茶杓
茶杓とは茶道の点前で抹茶をすくう細長い匙です。
古くは茶会の度に亭主自らが竹を採って削り、
招客の帰り際に差し上げたとも伝えられています。
竹を主としていますが、象牙、木地、塗物等と様々にあります。
元々は中国から伝来された象牙製の薬匙であり、
芋葉形の匙に柄が付いて薬を破砕できるよう根元は球状になっていました。
茶碗 茶碗
茶碗はお茶人以外に数寄者間でも蒐集対象として好まれ、
茶道具の中でも特に人気が高いので、
高価買取の対象になります。
舶来の唐物茶碗や高麗茶碗に始まり、
和物茶碗も「一楽、二萩、三唐津」と古くから謳われています。
夏季には「平茶碗」、厳寒の冬季には「筒茶碗」が用いられます。
釜
茶道において茶釜は一席の主人の代わりをする茶道具です。
茶に使用する湯を沸かす為の釜で、
現在でも茶会を行う事を「釜を掛ける」と言います。
芦屋釜(福岡県)と天命釜(栃木県)を代表とします。
静寂なお茶室で聞く「鳴り」は何よりのご馳走となります。
和銑製の釜は腐食に強く、長年月の使用に耐えられ、錆色も美しいです。
炉縁 炉縁
炉縁とは炉の周りを囲う四方の木枠です。
原則として小間には木地、広間には塗物や蒔絵が用いられます。
木地には沢栗、檜、欅、鉄刀木、黒柿、桑、紅梅、桜、松、桐、杉等の種類が知られ、
利休時代の久以や半入の作による沢栗材の炉縁を最上とします。
塗物は檜下地の真塗を正式とします。
四畳半は炉縁一つで小間にも広間にもなります。
水指 水指
水指とは茶釜に足す水や茶碗・茶筅等をすすぐ水を蓄えておく茶道具です。
炉・風炉の火の「陽」に対して、
水の「陰」という意味を併せ持っています。
材質から金属、陶磁器、木竹工品に大別されます。
大きくて茶席に長い時間ありますので、
存在感のある茶道具です。
花入 花入
花入は中に挿される茶花の印象を左右する茶道具です。
同じ花であっても使用する花入によって異なる雰囲気が醸し出されます。
茶花は季節感のあるものが好まれますが、
決して珍しい花を好むものではありません。
野にある花を野にあるように入れるのが良しとされます。
中心となる花を「根締め」、根締めに添える草花を「あしらい」といいます。
棚物 棚物
棚物とは茶道の点前で用いられる茶道具です。
多くは「卓」や「棚」が付いて呼ばれますが、
卓は床の間で香炉を飾る為に用いられた中央卓や前卓が座敷に下りて、
茶道具を飾る為の棚物として採り入れられました。
棚は次の間の置棚や厨子を本席に移した台子から派生した物といわれますが、
近世ではその区別がなくなって語呂の良い合わせで卓や棚の名称が付けられています。
茶壺 茶壺
茶壷とは抹茶や葉茶を入れた壷の総称ですが、通常は葉茶壷を指します。
13〜14世紀頃の舶載品であった四耳壷が利用された事に始まると推測されており、
茶事の盛行と共に珍重され、葉茶の貯蔵・運搬の用途に用いられました。
次第に清香、冬瓜、蓮華王、呂宋等の呼称が出現してきます。
これら中国南部産の真壷に対し、14世紀半ば頃より丹波、瀬戸、備前、信楽の和壷も現れ、
やがて美濃、越前、唐津、薩摩等の各地でも生産されるようになりました。
香合 香合
香合とはお香を入れる炭道具です。
炉の季節(11〜4月)には陶磁器(椿の葉等を敷いて練香を用いる)、
風炉の季節(5〜10月)には木地や塗物(角割りの香木を用いる)が用いられますが、
趣向によって両用される場合もあります。
炭道具とは炭手前に必要な茶道具一式で、
炭斗、羽箒、火箸、鐶、釜敷、香合、灰器、灰匙等があります。
菓子器 菓子器
菓子器とは菓子を入れる茶道具です。
茶の湯に用いられる菓子は主菓子(濃茶用)と干菓子(薄茶用)に大別されます。
茶事において主菓子は懐石料理の最後に出され、
干菓子は薄茶の前に出されます。
大寄せ茶会では薄茶席にも主菓子を出す事が一般的になってきました。
蓋置 蓋置
蓋置とは釜の蓋を置いたり、柄杓の合を掛けたりする茶道具です。
台子皆具の一つとして古銅の輪を原則としましたが、
唐銅他形の物も台子に組み合わせて用いられるようになり、
竹蓋置が利休時代に完成しました。
更に陶磁器や文房具を見立てた応用品が加わって多種多様となりました。
応用品を取り上げた七種蓋置(火舎、五徳、一閑人、三つ人形、蟹、栄螺、三つ葉)は著名です。
建水 建水
建水とは点茶の際にすすぎの湯水を捨てる茶道具です。
別名を「こぼし」ともいいます。
室町時代は書院飾りに用い、
台子皆具の一つとして唐銅の類に蓋置を入れて飾りました。
後に台子皆具から独立して金属、陶磁器、木竹工品に大別されました。
金銀製品・銀瓶 金銀製品・銀瓶
煎茶道具として使用される銀瓶、
資産価値の高い金製品や珊瑚は中国の高度経済成長の影響から高騰を続けており、
現在は人気の高い買取品目である為、
高価買取の対象になります。
鉄瓶 鉄瓶
煎茶道具として使用される鉄瓶は中国の高度経済成長の影響から高騰を続けており、
現在は人気の高い買取品目である為、
高価買取の対象になります。
千家十職 千家十職
千家十職とは千家の流れを汲む茶道具を調製する十人十職人の家柄です。
茶人に好まれて需要が多いので、高価買取の対象になります。
樂吉左衛門(茶碗師)、大西清右衛門(釜師)、中村宗哲(塗師)、
駒沢利斎(指物師)、中川浄益(金物・錺師)、土田友湖(袋師)、
奥村吉兵衛(表具師)、飛来一閑(一閑張細工師)、
黒田正玄(竹細工・柄杓師)、永楽善五郎(土風炉・焼物師)。
書付物 書付物
各家元の宗匠が書付を成された茶道具はお墨付きという事もあり、
高価買取の対象になります。
表千家と裏千家の書付物を中心に、
武者小路千家、久田家、堀内家、小堀家等と幅広く取り扱っております。

茶道具の買取 2017年 9月13日

茶道具一式を出張買取させて頂きました。

坂田泥華、坂田慶造の買取 2017年 9月13日

13代坂田泥華の作品、坂田慶造の茶碗を宅配買取させて頂きました。

古伊万里の買取 2017年 8月23日

古伊万里を店頭買取させて頂きました。

中村真、松田華山の買取 2017年 8月19日

中村真の備前徳利、松田華山の備前徳利を店頭買取させて頂きました。

中国書画、茶道具の買取 2017年 8月18日

中国書画、茶道具を店頭買取させて頂きました。

酒井田柿右衛門、今泉今右衛門の買取 2017年 8月5日

14代酒井田柿右衛門窯の作品、13代今泉今右衛門窯の作品を
店頭買取させて頂きました。

作家物、西洋美術の買取 2017年 6月5日

14代酒井田柿右衛門の濁手壺、14代今泉今右衛門の作品、バカラ、マイセンを
出張買取させて頂きました。

仏教美術、古道具の買取 2017年 5月24日

仏像、古道具を出張買取させて頂きました。

絵画の買取 2017年 5月22日

絵画を出張買取させて頂きました。

唐物、古銅、煎茶道具の出張買取 2017年 5月20日

唐物、古銅、煎茶道具を出張買取させて頂きました。
貴重なお時間を頂戴致しまして、ありがとうございました。

唐物、煎茶道具、鉄瓶、古道具の買取 2017年 5月17日

唐物、煎茶道具、鉄瓶、古道具を店頭買取させて頂きました。

ラッセン、兜割り、源右衛門の出張買取 2017年 5月17日

ラッセン、兜割り、源右衛門の陶板を出張買取させて頂きました。

古備前、古伊賀、掛軸の買取 2017年 4月17日

古備前水盤、古伊賀花入、橋本関雪の掛軸を店頭買取させて頂きました。

古伊万里、古備前、瀬戸石皿の買取 2017年 4月9日

古伊万里皿、古備前壺、瀬戸石皿を店頭買取させて頂きました。

茶道具、鉄瓶、古伊万里、中国美術の買取 2017年 3月30日

茶道具、鉄瓶、古伊万里、煎茶道具を出張買取させて頂きました。

茶道具、煎茶道具の買取 2017年 3月25日

茶道具、煎茶道具を店頭買取させて頂きました。

掛軸、屏風の買取 2017年 3月21日

掛軸、屏風等を出張買取させて頂きました。

鍋島焼、古備前、上野焼、高麗青磁の買取 2017年 3月20日

鍋島皿、古備前徳利、上野徳利、高麗青磁徳利を店頭買取させて頂きました。

今泉今右衛門、茶道具の買取 2017年 3月18日

12代今泉今右衛門の大皿、古備前徳利、鬼の腕花入を店頭買取させて頂きました。

酒井田柿右衛門の店頭買取 2017年 3月18日

15代酒井田柿右衛門の花入を店頭買取させて頂きました。

古伊万里、酒井田柿右衛門の買取 2017年 2月28日

古伊万里、13代酒井田柿右衛門の作品を出張買取させて頂きました。

唐津焼の買取 2017年 2月27日

唐津焼の作品を店頭買取させて頂きました。

作家物、茶道具の買取 2017年 2月4日

西岡小十の絵唐津ぐい呑、金重素山の粉引盃、
坪島土平の盃を店頭買取させて頂きました。

作家物、茶道具の買取 2017年 1月13日

3代徳田八十吉、11代今泉今右衛門、中島宏、井上萬二、島岡達三、
武腰潤、中里重利、岡本作礼、大樋年雄の作品、茶道具を店頭買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 12月28日

茶道具を出張買取させて頂きました。

作家物、茶道具の買取 2016年 12月22日

隠崎隆一の備前作品、茶道具を出張買取させて頂きました。

作家物、茶道具、絵画の買取 2016年 12月19日

井上萬二、原清、杉本貞光、14代亀井味楽、3代徳田八十吉、
吉田美統、中島宏、小林東五、浦口雅行、小野珀子、13代今泉今右衛門、
ガラス、絵画、純銀製品、茶道具を出張買取させて頂きました。

古陶磁、茶道具、煎茶道具の買取 2016年 12月18日

呉須赤絵皿、古平戸香炉、茶道具、煎茶道具を出張買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 12月7日

篠原如雪の香合、茶道具、珊瑚を出張買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 12月5日

川端近左の棗、茶道具を店頭買取させて頂きました。

茶道具、蒔絵、象牙置物の買取 2016年 12月1日

中川浄益、和田美之助、角谷興兵衛の作品、茶道具、
蒔絵、象牙置物を店頭買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 11月22日

茶道具を出張買取させて頂きました。

作家物の買取 2016年 11月14日

14代沈壽官の錦手花瓶を宅配買取させて頂きました。

作家物の買取 2016年 11月14日

藤原雄の備前皿を宅配買取させて頂きました。

象牙の買取 2016年 11月9日

象牙香炉を宅配買取させて頂きました。

作家物、伊万里蕎麦猪口の買取 2016年 11月1日

館林源右衛門の作品、12代今泉今右衛門の作品、
伊万里蕎麦猪口を出張買取させて頂きました。

酒器の買取 2016年 10月25日

李朝三島徳利を宅配買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 10月24日

茶道具を出張買取させて頂きました。

鑑賞陶器、作家物の買取 2016年 10月13日

古伊万里、加藤卓男の正倉院復元三彩・ペルシャ作品、
13代中里太郎右衛門の作品、他多数を店頭買取させて頂きました。

作家物の買取 2016年 10月13日

3代徳田八十吉の燿彩壺、小野珀子の金襴手・釉裏金彩壺、
中島宏の青磁壺、他多数を店頭買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 9月30日

唐津焼と唐物の茶道具を宅配買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 9月28日

茶道具を宅配買取させて頂きました。

鉄瓶、茶道具、作家物、掛軸の買取 2016年 9月28日

鉄瓶、茶道具、12代今泉今右衛門の作品、唐物掛軸を出張買取させて頂きました。

象牙一本物、掛軸の買取 2016年 9月21日

象牙一本物、市河米庵・田能村直入・中原南天棒の掛軸を出張買取させて頂きました。

茶道具、作家物の買取 2016年 9月6日

13代酒井田柿右衛門の濁手香炉、葉山有樹の作品、
中里重利の唐津茶碗を店頭買取させて頂きました。

RETURN TO TOP