藍九谷(古九谷)皿の買取 古美術天平堂

藍九谷雉文皿

時代 江戸前期
17世紀
状態・詳細 完品
口径 21.7cm
高さ 3.2cm
底径 12.4cm
備考 永竹威 極
1916(大正5)年〜1987(昭和62)年
商品番号 a2953
価格 sold out
在庫:
数量:

商品に関するご質問がございましたら、
お気軽にお電話、メール、FAXでお問い合わせ下さいませ。
外商(出張販売)もさせて頂きます。

〒812-0027 福岡市博多区下川端町10-12
古美術 天平堂

TEL・FAX 092-710-6657

Mobile 090-8919-8963

人気の高い雉文を題材とした藍九谷です。
温かみの感じられるほのぼのとした雰囲気を醸し出しており、
日本陶磁研究家・永竹威の審美眼を潜り抜けた由緒ある作品です。

永竹威 1916(大正5)年〜1987(昭和62)年

永竹威は佐賀県牛津町に生まれました。
1971(昭和46)年、常福禅寺20世住職に就任しました。
肥前陶磁史を研究し、九州古窯跡の発掘調査を行いました。
佐賀県文化館館長、有田陶磁美術館館長を歴任しており、
著書に『日本陶磁大系』や『日本のやきもの』等があります。

RETURN TO TOP