影青四耳壺の買取 古美術天平堂

影青瓜形四耳壺

時代 北宋時代
11〜12世紀
状態・詳細 口縁に共直しがあります
口縁に入があります
耳を接着補修しています
胴径 17.6cm
口径 12.8cm
高さ 16.3cm
底径 8.5cm
商品番号 a1748
価格 ¥200,000
在庫:
数量:

商品に関するご質問がございましたら、
お気軽にお電話、メール、FAXでお問い合わせ下さいませ。
外商(出張販売)もさせて頂きます。

〒802-0006 福岡県北九州市小倉北区魚町3-4-20
古美術 天平堂
TEL・FAX (093)551-5330

造形美を突き詰めた品位ある北宋時代の影青四耳壺です。
口縁と耳の1箇所に共直しがありますが、
清澄な理想的ともいえる発色を呈しています。

青味を含んだ清雅な釉調 「影青」

青白磁とは白磁の一種で中国では「影青」と呼ばれています。
名称の由来は文様を削り込んだ部分に青味をほのかに含んだ透明釉が厚く溜まり、
あたかも青の文様が影を引くように現れるという事からの説が知られています。
この青味は釉中に含まれる微量の鉄分が還元されて呈色したものです。
景徳鎮窯を中心として福建省や浙江省の窯でも焼成が普及し、
金属のような鋭い造形に劃花文様を加えて文字通りの影青を造り上げました。

RETURN TO TOP